婚約指輪選びの教科書

Choice of engagement ring

Choice of engagement ring

価格の相場は?

ほとんどの場合で、婚約指輪と結婚指輪を購入するのは男性ということになっています。
そこで何となく考えてしまうのが予算のことでしょう。

彼女に喜んでもらいたいという気持ちはあっても、現実的な予算内で購入するべきです。
なによりも「幸せ」は、お金や価格で左右されるものではないはずです。
自分に出来る限りの金額で最高の指輪をプレゼントしましょう。

ちなみに、婚約指輪には決まりやルールはないと言っても過言ではありません。
それゆえに指輪を渡さなければいけないということもないのです。
記念品として腕時計などをプレゼントしたり、その分の費用を記念の旅行にあてたりと、
二人の思い通りにしても何の問題もありません。
実は既婚者の約三割程度はエンゲージリングを購入していないというデータがあります。

ここでは、婚約指輪の価格の相場についての情報を解説していますが、参考にとどめる程度でOKです。

価格はどれ位がベスト?

とはいっても、やはり他人の意見を聞いたり一般的な価格を知ることで、
ひとつの指標や基準にするというのは間違いではありません。
むしろ知りたいという人の方が多いでしょう。

結論から言えば、エンゲージリングの相場は【30万円から40万円】と言われています。

決して手の届かない価格ではないという事から、この価格帯から購入する人が多いようです。
価格はこれ以上のものもこれ以下のものも沢山存在します。
これはアームの素材やダイヤの品質によって大きく値段が左右されるようです。

予算から上記の項目を絞っていくのもOKですし、上記の条件を先に彼女から聞き出しておいて、
そこから出来るだけ理想に近づけていくという方法も良いでしょう。

これに対して結婚指輪の平均的な価格帯はいくら位なのでしょうか?
結婚式などで愛の誓いと共に交換される指輪ですから、当然二本必要になるのですが、
二本あわせても25万円以下というケースが多いようです。

ずばり、一本につき10万円前後といったところでしょうか?
もちろん、こちらに関しても平均的な価格は参考にするだけで十分です。

エンゲージリングとマリッジリングの計三本分の予算を合計すると、
約60万円程度が結婚に際して指輪にかかる費用の平均となります。

婚約指輪と結婚指輪の両方を予算計画として考えておく必要がありそうです。
この点をしっかりと考えたうえで、購入までの流れを進めていきましょう。

ちなみに、給与三か月分というのは一昔前まで言われていたことですが、
これはダイヤモンド会社の流した商業的戦略といわれています。
現在の方が平均価格が下がっているということからも窺い知れますが、
婚約指輪そのものの満足度は次第に高くなってきています。