婚約指輪選びの教科書

Choice of engagement ring

Choice of engagement ring

ダイヤモンドの品質

婚約指輪を購入するうえで必ずと言っていいほど選択を迫られるものがあります。
それが装飾としてセットする【宝石】です。
デザインにもよりますが、宝石をあしらったものを贈るのが主流だからです。

そして9割以上の人が婚約指輪にはダイヤモンドを選んでいます。
まさに定番の組み合わせなのです。

そして一口にダイヤといっても幾つかの種類があります。
品質についても4Cという基準から評価がなされており、選ぶうえでの大きな指標になります。

では、そもそもダイヤとは一体どんな宝石なのでしょうか?
しばしば「硬い」ということが特徴として挙げられますが、
これは紛れもない事実で、現在確認されているなかでは天然で最も硬い物質とされています。

それ故に他のモノとぶつかったり擦ったりしても傷がつくことはありません。
そのため美しさが永久に維持されると言われています。

ダイヤが出来るまでには数千万年もの時間を必要とし、
土砂の中から発見出来る確率はおよそ一億分の一だそうです。

そんな神秘的で非常に高い価値と美しさを兼ね備えた宝石だからこそ、
婚約にふさわしい宝石と認識されているのでしょう。

4Cとは?

悠久の時を経て美しく輝く宝石となったダイヤですが、そんな中にもランクはあります。
一定の基準から見たときに評価されることになるわけですが、
その評価基準のひとつとして最も有名でポピュラーなのが【4C】です。

これはGIA(アメリカ宝石学協会)という組織が定めている指標で、世界的に通用するものです。
それ故に、エンゲージリングの購入に際しては非常に重要な役割を果たします。

4Cが評価するのはラウンドブリリアントカットという研磨がなされているもののみです。
このタイプのダイヤモンドを色と透明度、重さと研磨技術の4点から評価します。
これらの英語の頭文字をとって4Cと呼ばれています。

【Color(カラー)】・【Clarity(クラリティ)】・【Carat(カラット)】・【Cut(カット)】

色味については無色透明に近いものほど価値が高くなるとされています。
ただしピンクダイヤなどのカラーは逆に高く評価されることがあります。
従来は評価が下がるごとに黄色っぽい風味になっていきます。

透明度では宝石内部の純度が測られています。
傷や内包物があると評価が下がってしまいます。

カラットは重さを意味しており、1ct=0.2gです。
カットは職人による研磨のレベルを評価するものです。
5段階で示されており、素材そのものではなく技術力を測っています。
こちらのサイトでもカットやカラットについて、詳しく解説しています。
また、 鑑定書付きのダイヤモンドについてのページもご覧になってみてください。。