婚約指輪選びの教科書

Choice of engagement ring

Choice of engagement ring

婚約指輪を渡すタイミング

彼女の好みを聞き出して、知識を溜めてと奮闘してやっと購入した婚約指輪。
それを手渡すタイミングは折角なのだから格好よくしたいというのが男心というものです。

しかし、婚約指輪をプレゼントすることなんて人生で何度も経験している人は少数派でしょう。
多くの人は滅多なことでは体験しない一世一代の大勝負です。

だからこそ、経験から改善策を講じていくなんていう悠長なことは言っていられません。
そこで多くの人は体験談や経験者の情報があれば是非聞いてみたいと思うはずです。

ここでは、そんな耳よりな情報をまとめています。

いつ渡す?

何となく「プロポーズと同時に差し出すもの」とイメージしがちなエンゲージリングですが、
実際のところ、近年になってプロポーズの後に一緒に購入するというパターンが増加傾向にあります。

もちろん、婚約指輪やプロポーズにルールはありません。
だからこそ、個々人の意見が尊重されるところです。
プロポーズと同時に差し出すという手段もまだまだ健在と言って間違いないでしょう。

もしプロポーズ以外でプレゼントするとしたら、一体どんなタイミングがあるでしょうか?
1つの手段として【結納】や【両家の顔合わせ(食事会など)】がチャンスだといえるでしょう。
近年では結納を行う家族は減っているようですが、食事程度に両親・両家が食事をすることはあります。
この際にお披露目というかたちをとっても問題ありません。

とはいえ、エンゲージリングについては何のルールもありません。
もちろんマナーなども特にないといっていいでしょう。
それ故に、もっとも大切なのはカップルの意志と想いです。

そもそも指輪ではなく、記念品をプレゼントするのも選択肢のひとつで、
それらに込める想いは人それぞれ様々です。
重要なのは、その想いを品物や渡すタイミングなどで表現できるかどうかという点かもしれません。

例えば、結納でお披露目するというのであれば両家の親族や家族に見せて喜んでもらうという点や、
「結婚」に対する約束の品という意味合いが強くなるかもしれません。
それに対して、プロポーズで渡すなら「愛を形にした」というイメージがぴったりです。

この様に渡すタイミング次第で意味合いが変わるということも念頭にいれておきましょう。

何よりもタイミングを意識するのであれば、余裕をもって購入までのスケジュールを組むことが必須です。
こちらのサイトでは、婚約指輪を渡すタイミングについて解説していました。

これが出来なければタイミングも失ってしまう可能性があります。
場合によっては一年から半年をかけて準備することもあります。
しっかりと用意をしておくことだけは忘れない様にしましょう。
こちらのサイトwww.u-sports.netにも、情報が盛りだくさんですので、ご覧ください!