婚約指輪選びの教科書

Choice of engagement ring

Choice of engagement ring

婚約指輪購入までの流れ

仕事のフローやスケジューリングについては完璧にこなしているけれど、
プライベートでの予定は曖昧にしがちという男性は少なくありません。

しかし、そんな人でも婚約指輪と結婚指輪を購入する流れは十分に計画しておきましょう。
知らない人も意外に多いのですが、婚約指輪は注文した日に手元に届くという事は滅多にありません。
オーダーメイドなら2ヶ月以上、既製品でも1ヶ月程度の期間を要すると考えておきましょう。

ここでは、その詳細な所要期間と段取りについて解説しています。

購入のスケジュール

理想的な購入検討時期は一年前から半年前と考えましょう。
そのくらいの余裕をもって始動しておけば、どんなイレギュラーにも対応できます。
男性にとっては人生に何回もない買い物ですから失敗のない様にじっくり慎重に動ける時間が必要です。

そして、予めこの時期から彼女の好みを調査しておく必要があります。
何気なく聞いても良いですし、ダイレクトに聞いてしまっても良いかもしれません。
もちろん最初から最後まで一緒に選ぶというスタンスでも問題は全くありません。

宝石は定番のダイヤモンドか誕生石かという点や、デザインの詳細についてもリサーチしましょう。
注文は既製品が良いのかオーダーメイドが良いのかなどの点も重要なポイントです。
彼女の理想を少しでも聞き出しておくのがエンゲージリング選びの成功の鍵です。

渡すタイミングの6ヶ月前くらいの時期からインターネット店舗・実店舗を問わず、
ショップを見て回るようにするのがベターです。
婚約指輪は買って終わりというわけではありません。
具体的には、定期的なメンテナンスやアフターケアが出来る環境を用意しておきたいところです。

そういった意味もこめて、長い付き合いができるお店を探しましょう。
もちろんデザインや趣向などを重視して決めるのも重要です。

指輪購入のフローはその後はさらに細かくなっていきます。
簡単に整理すると、試着・サイズ直し・注文・支払の4ステップです。
現実的な問題として支払方法や予算は予め決めておくようにしましょう。
絶対に確認が必要なのは仕上りと手元に届く日取りです。
十分に確認しておきましょう。

受け取りの日取りは最低でも贈る1ヶ月程度前には指定したいところです。
ちなみに受け取った際には、鑑定書というダイヤモンドの品質等を記載してある書類を受け取ります。
この剃類はしっかりと保管しておくのを忘れないでください。

以上を踏まえて自分なりにスケジューリングをしておきましょう。
余裕をもって購入計画が進むように十分な時間を割けるような状態をつくってください。
こちらの人気の指輪、ティファニーのエンゲージメントリングの解説もご覧ください。